琉大法科大学院でゲストスピーカーとして講演会開催

当社は、7月20日、琉球大学大学院法務研究科様(以下「琉大法科大学院」)に
ゲストスピーカーとしてお招きいただき、当社会長の平良が講演会を
行いました。

本講演会は平成26年から年1回開催され、これまで全5回開催しております。

今回のテーマは「事業再生におけるサービサーの役割」で、
①サービサーとは何か ②当社の紹介 ③事例の紹介についてお話しさせて
いただきました。(講演内容詳細は下記参照)

サービサーは、弁護士法の特例として認められた会社であり、実例を
交えながらの講演は、法曹界を目指す学生さんに大変興味を持って
聞いていただくことができました。また、サービサーの社会的意義、
企業のCSR活動、人材育成の取り組み、サービサー職員・企業人としての
在り方等について時間を忘れ熱く語る姿に、企業のダイナミズムを感じて
いただけたのではないかと思います。

【講演内容(詳細)】
Ⅰ. What‘sサービサー            
 1.サービサー事業の紹介
 2.サービサーの業界動向(金融機関の不良債権と業界の趨勢)
 3.サービサーの社会的使命
 4.サービサーの基本スタンス

Ⅱ. おきなわサービサーの紹介 
 1.会社概要
 2.企業理念(企業理念、管理職憲章、私たちの約束、テーマソング等)
 3.CSR活動
 4.人材こそ最大の経営資源
 5.業績の推移
 6.サービサーにおける債権管理
 7.ソリューションビジネスについて

Ⅲ. 事例の紹介                                
 1.波濤を超えて
 2.窮境企業M社のケース

 

写真(左:当社会長 右:講演の様子)

プライバシーマーク